静岡県内企業とスタートアップの共創から新しい価値の鼓動を

豊かな自然環境と重厚な歴史の礎に培われた地、静岡。
富士の麓にあるその立地は、物理的にも象徴的にも穏やかに、日本の中心に位置します。
交通、物流の要衝でもある静岡県では製造、運輸、農林水産、観光など多彩な産業が発展し、日本経済を支えてきました。

転じて現在のビジネス世界。企業を取り巻く環境は激しく変化しています。
既存の勢力図を世界規模で塗り替える「デジタルディスラプター」と呼ばれるテクノロジー企業の存在。
データとデジタルテクノロジーは新たなインフラとして、Industry4.0、Society5.0と産業自体を革新し続けています。しかし、最先端のテクノロジーを有しビジネスにイノベーションをもたらすスタートアップ企業は、日本では東京に一極集中していると言わざるを得ません。

テクノロジースタートアップ企業と静岡県内企業にマッチングする場を提供し、静岡県に新しい価値と既存ビジネスを革新していくきっかけを提供すること、それが「TECH BEAT Shizuoka」の目的です。
歴史を振り返れば、静岡には江戸時代より常に先進技術を積極的に取り入れ経済発展を牽引してきた、進取の精神的土壌があります。
7月24、25日にグランシップ全館で開催するイベント「TECH BEAT Shizuoka」では、静岡県内企業とテクノロジースタートアップ企業が一堂に会し、共創の鼓動を打ち鳴らします。

当サイト「TECH BEAT Shizuoka Online」 は、「TECH BEAT Shizuoka」を単なる一過性のイベントとせず、開催前にはその趣旨と意図をより理解していただくためのコンテンツ(インタビューやスタートアップの紹介)を提供し、イベント開催後にはその模様をお伝えすることで、継続的に静岡のイノベーション共創を加速させてまいります。


TECH BEAT Shizuoka 実行委員会 構成機関

株式会社静岡銀行
静岡県
公益財団法人静岡県産業振興財団
一般財団法人静岡県銀行協会
一般社団法人静岡県信用金庫協会
一般社団法人静岡県経営者協会
一般社団法人静岡県ニュービジネス協議会
静岡県商工会連合会
一般社団法人静岡県商工会議所連合会
静岡県中小企業団体中央会

TECH BEAT Shizuoka 実行委員会 委員

所属名役職名氏名
株式会社静岡銀行会長中西 勝則
静岡県経済産業部長天野 朗彦
公益財団法人静岡県産業振興財団副理事長望月 誠
一般財団法人静岡県銀行協会専務理事笠井 洋明
一般社団法人静岡県信用金庫協会常務理事永野 英行
一般社団法人静岡県経営者協会専務理事秋山 辰巳
一般社団法人静岡県ニュービジネス協議会事務局長太田 智之
静岡県商工会連合会専務理事窪田 賢一
一般社団法人静岡県商工会議所連合会専務理事中村 泰昌
静岡県中小企業団体中央会専務理事木村 通利

TECH BEAT Shizuoka実行委員会 事務局:株式会社静岡銀行/静岡県

Back to top button
Close