INTERVIEWS & ARTICLES

豊かな自然環境と重厚な歴史の礎に培われた地、静岡。
古来から、先進技術を積極的に取り入れ多彩な産業を発展させてきたこの地で
新進のテクノロジースタートアップ企業と静岡県内企業が一堂に会す
ビジネスマッチングイベント「TECH BEAT Shizuoka」を開催します。

詳細はこちらお申込み済の方はこちら

News

  • TECH BEAT Shizuokaマッチングイベント終了しました

    静岡県内企業とテクノロジースタートアップのマッチングから、新しい価値と既存ビジネスをアップデートしていくきっかけを提供する「TECH BEAT Shizuoka(テックビート・シズオカ)」、第1回ビジネスマッチングイベントが終了しました(主催:TECH BEAT Shizuoka実行委員会、共催:静岡県・静岡銀行、会期:2019年7月24日〜25日、会場:グランシップ)。ご来場いただきました皆様、開催にご協力、ご尽力いただきました皆様に改めてお礼申し上げます。当取り組みに対してご協賛いただいた34社の協賛企業社、ご後援いただいた静岡県35市町にも改めて御礼申し上げます。

    今回のビジネスマッチングイベントには、首都圏を中心に56社のスタートアップが参加しました。2日間の累計入場者は3,300名、会期中に個別にセッティングされた商談*は328件を数え、活況のうちに幕を閉じました。
    *展示ブース内や事務局が把握していない商談件数は除く

    基調講演では東京大学 松尾豊氏、スタンフォード大学 池野文昭氏、日本総合研究所 東博暢氏、C Channel株式会社 森川亮氏、Arm 芳川裕誠氏、Holoeyes株式会社/帝京大学 杉本真樹氏、株式会社WiL 小松原威氏が、スペシャルセッションとしてX-TANKコンサルティング 伊藤嘉明氏、バブソン大学 山川恭弘氏、東京大学 甲斐知恵子氏、静岡県立大学 六井淳氏が登壇。各回とも予定を上回る来場者で急遽席を増加するほど盛況でした。

    グランシップの大ホールを埋めるスタートアップ及び協賛企業のブースでは、静岡県内企業のイノベーション担当者との積極的な交流がなされました。その様子はメディアでも取り上げられています。

    「TECH BEAT Shizuoka」の取り組みは一過性のイベントではありません。会の冒頭でTECH BEAT Shizuoka実行委員会 委員長の中西勝則(株式会社静岡銀行)が申し上げたとおり、「静岡県内企業とスタートアップが互いの課題を解決していくためのきっかけの場であり、継続的に開催するビジネスマッチングの取り組み」です。「TECH BEAT Shizuoka」は今後も継続的に情報発信と機会提供を続けてまいります。引き続きのご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

    TECH BEAT Shizuoka実行委員会

  • スライド表記の誤りについて

    TECH BEAT Shizuoka DAY2(7月25日開催)内パネルディスカッション「静岡のデジタルアップデートが、日本を豊かにする」にてスクリーン表示しておりましたスライドの肩書に、一部事実とは異なる表記がありました。 関係各位にはお詫び申し上げます。

  • 静岡新聞にて、TECH BEAT Shizuoka最終日の模様が掲載されました

    7月26日付静岡新聞(紙面)にてTECH BEAT Shizuoka最終日の模様が掲載されました。

    テックビート・シズオカ最終日 AIやVR商談熱く

  • テレビ静岡にて、TECH BEAT Shizuokaの模様が放送されました

    テレビ静岡番組内にて、TECH BEAT Shizuokaの模様が放送されました。Webニュースにも配信されています。

    ICTベンチャーと企業商談会 新たなビジネス創出へ

    http://www.sut-tv.com/news/indiv/1805/

特別後援

スポンサー企業

後援

静岡市 浜松市 沼津市 熱海市 三島市 富士宮市 伊東市 島田市 富士市 磐田市 焼津市
掛川市 藤枝市 御殿場市 袋井市 下田市 裾野市 湖西市 伊豆市 御前崎市 菊川市
伊豆の国市 牧之原市 東伊豆町 河津町 南伊豆町 松崎町 西伊豆町 函南町 清水町
長泉町 小山町 吉田町 川根本町 森町 (全35市町)

参加スタートアップ一覧(随時更新)

アセントロボティクス株式会社/株式会社アプトポッド/株式会社アペルザ/Yper株式会社/株式会社インフィック・コミュニケーションズ/AI inside株式会社/株式会社エアロネクスト/Hmcomm株式会社/株式会社エクサウィザーズ/株式会社エナジード/株式会社オクト/株式会社オプティマインド/株式会社オープンエイト/キャディ株式会社/Kudan株式会社/SATORI株式会社/株式会社Geolocation Technology/株式会社Synamon/株式会社ジョリーグッド/株式会社自律制御システム研究所/株式会社スカイディスク/株式会社Scalar/株式会社Studio Ousia/株式会社スタディスト/株式会社Spiral/株式会社SPACER/株式会社スペースリー/株式会社SmartHR/株式会社スマートドライブ/株式会社ZENKIGEN/株式会社souco/ダブルフロンティア株式会社/株式会社電脳交通/トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社/トレジャーデータ株式会社/ドレミング株式会社/株式会社ニューレボ/パイフォトニクス株式会社/株式会社PKSHA technology/株式会社Hacobu/株式会社FUTUREWOODS/株式会社ビットキー/株式会社Blue Planet-works/株式会社ブルックマンテクノロジ/BASE株式会社/HoloEyes株式会社/mui Lab株式会社/株式会社もしも/株式会社ヤプリ/ラボラティック株式会社/リーウェイズ株式会社/リンクウィズ株式会社/株式会社リンクジャパン/株式会社LOAD&ROAD/株式会社one visa/WOTA株式会社/Wovn Technologies株式会社

Back to top button
Close